出典:デジタル大辞泉(小学館)

首をねじって殺すこと。また、その首。

「上なる道口をかいつかんで、―にせんと振り返りて見ける処を」〈太平記・二九〉