ね‐しずま・る〔‐しづまる〕【寝静まる】例文一覧 2件

  1. ・・・ で、家中が寝静まると、何処か一ケ所、小屏風が、鶴の羽に桃を敷いて、すッと廻ろうも知れぬ。……御睦ましさにつけても、壇に、余り人形の数の多いのは風情がなかろう。 但し、多いにも、少いにも、今私は、雛らしいものを殆ど持たぬ。母が大事に・・・<泉鏡花「雛がたり」青空文庫>
  2. ・・・ 自分の寝静まるのを待って、お政はひそかに箪笥からこの帯を引出し、明朝早くこれを質屋に持込んで母への金を作る積と思い当った時、自分は我知らず涙が頬を流れるのを拭き得なかった。 自分はそのまま帯を風呂敷に包んで元の所に置き、寝間に還っ・・・<国木田独歩「酒中日記」青空文庫>