出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 齧歯 (げっし) 目ネズミ科の哺乳類の総称。一般に小形で、体毛は灰色・黒褐色で尾は細長い。犬歯はなく、一対の門歯が発達し一生伸び続ける。繁殖力は旺盛だが、寿命は短い。農作物・貯蔵穀物などに甚大な損害を与え、また病気を媒介する。

  1. ねずみ色」の略。

  1. ひそかに害をなす者。

  1. つまらない者。「ただの鼠ではない」