出典:デジタル大辞泉(小学館)

海王星の第13衛星。2002年に発見された。名の由来はギリシャ神話の海のニンフ。海王星からの軌道距離は平均で4860万キロ、最も離れると7200万キロ(地球と月の距離の約190倍)に達し、太陽系の衛星で最大。非球形で平均直径は40~60キロ。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉