ね‐ぞう〔‐ザウ〕【寝相】例文一覧 2件

  1. ・・・母者人は寝相がわるかった。惣助は母者人の寝相を見ないようにして、わざと顔をきつくそむけながら呟いた。これは太郎の産みの親じゃ。御大切にしなければ。 太郎の予言は当った。そのとしの春には村のことごとくの林檎畑にすばらしく大きい薄紅の花が咲・・・<太宰治「ロマネスク」青空文庫>
  2. ・・・     二 月見草 高等学校の寄宿舎にはいった夏の末の事である。明けやすいというのは寄宿舎の二階に寝て始めて覚えた言葉である。寝相の悪い隣の男に踏みつけられて目をさますと、時計は四時過ぎたばかりだのに、夜はしら・・・<寺田寅彦「花物語」青空文庫>