• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐すじ〔あをすぢ〕【青筋/青条】 の意味

  1. 青い色の筋。
  1. 皮膚の下に透けて見える静脈。
  • 名詞

あお‐すじ〔あをすぢ〕【青筋/青条】の慣用句

  1. 青筋を立てる
    • 顔面に静脈が浮き出るほど、ひどく怒ったり、興奮したりする。
  1. あおすじあげは【青条揚羽】
    • アゲハチョウ科のチョウ。翅(はね)は黒色で、中央に青色の斑紋が連なる帯がある。幼虫はクスノキやタブノキの葉を食べる。岩手・秋田両県から南に分布。くろたいまい。
  • あお‐すじ〔あをすぢ〕【青筋/青条】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・嗚咽びかえっているのです、それを見た武の顔はほんとうに例えようがありません、額に青筋を立てて歯を喰いしばるかと思うと、泣き出しそうな顔をして眼をまじまじさせます。

      国木田独歩「女難」

    • ・・・が何より禁物なので、東京にゆけば是非、江藤侯井下伯その他故郷の先輩の堂々たる有様を見聞せぬわけにはいかぬ、富岡先生に取ってはこれ則ち不平、頑固、偏屈の源因であるから、忽ち青筋を立てて了って、的にしていた貴所の挙動すらも疳癪の種となり、遂に自・・・

      国木田独歩「富岡先生」

    • ・・・の肉に気がついた……怒ったような青筋に気がついた……彼の二の腕のあたりはまだまだ繊細い、生白いもので、これから漸く肉も着こうというところで有ったが、その身体の割合には、足だけはまるで別の物でも継ぎ合わせたように太く頑固に発達していた……彼は・・・

      島崎藤村「足袋」