ねった・い【妬い/嫉い】例文一覧 1件

  1. ・・・そのまま下へ行って、僕のおこっていることを言い、湯屋で見たことを妬いているのだということがもしも下のものらに分ったら、僕一生の男を下げるのだと心配したから、「おい、おい!」と命令するような強い声を出した。それでも、かの女は行ってしまった・・・<岩野泡鳴「耽溺」青空文庫>