出典:デジタル大辞泉(小学館)

継続的な取引関係から生じる債権を担保するため、あらかじめ一定の限度額を定めておき、将来確定する債権をその範囲内で担保する抵当権当座貸越契約の際などに設定。