出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、大黒天の縁日である甲子 (きのえね) の日に売った灯心。これを買うと、その家が富み栄えるといわれた。