ね‐な・く【音泣く/音鳴く】 の意味

  1. [動カ四]声を立てて泣く。また、禽獣などが声をあげて鳴く。
    • 「はるかなる声ばかりしてきりぎりす―・くに秋の夜を明かしつる」〈続後撰・秋中〉