ね‐ぶか【根深】例文一覧 1件

  1. ・・・き衣すます卯月かな更衣印籠買ひに所化二人床涼み笠著連歌の戻りかな秋立つや白湯香しき施薬院秋立つや何に驚く陰陽師甲賀衆のしのびの賭や夜半の秋いでさらば投壺参らせん菊の花易水に根深流るゝ寒さかな飛騨山の質屋鎖しぬ・・・<正岡子規「俳人蕪村」青空文庫>