出典:デジタル大辞泉(小学館)

ねむりめ1」に同じ。

「目をも人に見あはせず、―にて、時々阿弥陀仏を申す」〈宇治拾遺・一一〉