ねむり【眠り/睡り】 の意味

  1. 眠ること。睡眠 (すいみん) 。「―から覚める」「―が深い」
  1. 死ぬことを婉曲にいう。「永久 (とわ) の―につく」
  1. 蚕が脱皮する前に活動を静止して桑を食べなくなること。また、その蚕。
  • 名詞

ねむり【眠り/睡り】の慣用句

  1. ねむりぐさ【眠り草】
  1. ねむりぐすり【眠り薬】
    • 催眠剤。睡眠薬。
    • 麻酔剤。
  1. ねむりざまし【眠り覚まし】
  1. ねむりながし【眠り流し】
    • 睡魔を払う行事。主として七夕(たなばた)行事として、水浴をしたり、形代(かたしろ)などを模型船や灯籠・笹竹などにのせて川・海に送り流したりする。東北地方に盛んであるが、北陸・九州などにもみられる。ねぶとながし。
  1. ねむりのき【眠りの木】
  1. ねむりびょう【眠り病】
  1. ねむりめ【眠り目】
    • 眠そうな目。また、つぶった目。
      「―をまぼしそうに細めて」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
    • くすんだ色合い。また、そのもの。
      「親の喪中とて、衣裳の物ずきも、一きは―にて」〈浮・世間猿〉