ねり‐ぎぬ【練(り)絹】例文一覧 1件

  1. ・・・ 手の裏かえす無情さは、足も手もぐたりとした、烈日に裂けかかる氷のような練絹の、紫玉のふくよかな胸を、酒焼の胸に引掴み、毛脛に挟んで、「立たねえかい。」       十三「口惜しい!」 紫玉は舷に縋って身を震わす・・・<泉鏡花「伯爵の釵」青空文庫>