出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「ねりきぬ」》生糸のまま織りあげ、あとから精練した絹織物。また、練り糸で織った絹織物。練り。→生絹 (きぎぬ) 

出典:青空文庫