出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 寺院の法会で、来迎 (らいごう) する諸菩薩 (ぼさつ) に仮装して練り歩く仏事。5月14日の中将姫の忌日に行われる奈良の当麻寺 (たいまでら) のものが有名。 夏》「―まつりがほなる小家かな/蕪村

  1. 寺の行事の際、稚児などをまじえて、音楽を演奏しながら行列して歩くこと。お練り。