ねん‐かん【年刊】例文一覧 1件

  1. ・・・一九三六年版の年刊には、果してどのように成長した時事的作品が短歌の境域に出現するか、見落せない期待のひとつです。 山田あき、田中律子という二人の婦人の作品はそれぞれ注意をひき「織布部のうた」は日々の生活の感情がにじみだしている粘着力のつ・・・<宮本百合子「歌集『集団行進』に寄せて」青空文庫>