いん‐よう【引用】 の意味

  1. [名](スル)人の言葉や文章を、自分の話や文の中に引いて用いること。「古詩を引用する」
  • 名詞

いん‐よう【引用】の慣用句

  1. いんようふ【引用符】
  • いん‐よう【引用】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・自分は、今この覚え書の内容を大体に亘って、紹介すると共に、二三、原文を引用して、上記の疑問の氷解した喜びを、読者とひとしく味いたいと思う。

      芥川竜之介「さまよえる猶太人」

    • ・・・しかしまだ不幸にも御存じのない方があれば、どうか下に引用した新聞の記事を読んで下さい。

      芥川竜之介「白」

    • ・・・ベッカアはある夜五六人の友人と、神学上の議論をして、引用書が必要になったものでございますから、それをとりに独りで自分の書斎へ参りました。

      芥川竜之介「二つの手紙」