出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ねもころ」の音変化》

[形動][文][ナリ]
  1. 心がこもっているさま。親身であるさま。「懇ろにとむらう」「懇ろなもてなし」

  1. 親しいさま。特に、男女の仲が親密であるさま。「懇ろな間柄」

[名]
  1. 親密になること。

    1. 「おまへは貧乏神と―してござるかして」〈浮・禁短気・一〉

  1. 男女が情を通じること。

    1. 「此のお夏は手代と―して」〈浄・歌祭文

  1. 男色関係を持つこと。

    1. 「主の子を―して」〈浮・男色大鑑・一〉