出典:デジタル大辞泉(小学館)

1年ごとに労働者に与えられる有給休暇労働基準法は、6か月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、使用者は1年間に10~20日間の有給休暇を与えるように定めている。年休。