ねん‐ぽう【年俸】例文一覧 1件

  1. ・・・     ゴーゴリ的会の内情主事 古知事知事の年俸五千円今はあっちこっちで七千円近くとる、竹内 女房子は故郷に置き下田の男妾、実践を見当にして居る。授産所の村井ともう一人の女を関係して居る。そのことを、男・・・<宮本百合子「一九二七年春より」青空文庫>