ねん‐りん【年輪】例文一覧 5件

  1. ・・・そして、彼等はただ老境に憧れ、年輪的な人間完成、いや、渋くさびた老枯を目標に生活し、そしてその生活の総勘定をありのままに書くことを文学だと思っているのである。しかも、この総勘定はそのまま封鎖の中に入れられ、もはや新しい生活の可能性に向って使・・・<織田作之助「可能性の文学」青空文庫>
  2. ・・・ 樹木の年輪や、魚類の耳石の年輪や、また貝がらの輪状構造などは一見明白な理由によって説明されるようではあるが、少し詳細に立ち入って考えるとなると、やはりわからないことがかなりありそうである。木の年輪にしても、これを支配する気象的要素の週・・・<寺田寅彦「自然界の縞模様」青空文庫>
  3. ・・・見ようによっては一つの年輪がここにあるとも云える。一本の樹木も成長してゆく過程には、越した冬の寒さや雪の重さによって、夏の嵐の強弱によって年輪をさまざまに描き出して行くそうだ。私のこの一つの年輪は、閲された生活のどんな季節をつたえていること・・・<宮本百合子「あとがき(『朝の風』)」青空文庫>
  4. ・・・女にはしかしその時期の間に少くとも年輪は一個ふえた事実が感じられているのは意味ふかいことである。 すべての詩を愛す女のひとたち、あらゆる文学の仕事を愛しそれに従って行こうとする女の人々に私は特にこの詩集の中の・・・<宮本百合子「『静かなる愛』と『諸国の天女』」青空文庫>
  5. ・・・然し、この作品は自分の生活と密接な関係のあったものだし、作の上に年輪のように発育の痕跡が現れて居る点、自分は愛を感じて居る。   昭和二年十一月二十三日〔一九二八年三月〕<宮本百合子「序(『伸子』)」青空文庫>