出典:デジタル大辞泉(小学館)

[988~?]平安中期の歌人。俗名、橘永愷 (たちばなのながやす) 。藤原長能 (ふじわらのながよし) に和歌を学ぶ。初め文章生 (もんじょうしょう) となったが、のち出家。高貴の人の邸に出入りし、専門歌人として敬慕された。著「能因歌枕」、私撰集「玄々集」、家集「能因法師集」がある。