のうこう‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【農工銀行】 の意味

  1. 明治29年(1896)制定の農工銀行法に基づき、各府県に設立された特殊銀行。農工業の改良発達のための貸付を目的としたが、大正10年(1921)に勧農合併法が制定され、漸次日本勧業銀行に合併された。