出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「詮」は表す意》仏語。経典に説かれる意義を表す言語。文句。表される意義内容を所詮 (しょせん) というのに対する。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉