のう‐めん【能面】 の意味

  1. に用いる仮面。尉面 (じょうめん) 姥 (うば) 般若 (はんにゃ) 平太など種類が多い。彫り方や彩色にも工夫がなされ、一つの面で喜怒哀楽を表現できるように作られている。おもて。
  1. [補説]書名別項。→能面

のう‐めん【能面】の慣用句

  1. 能面のよう
    • 無表情、また、顔だちの端麗なさま。
  1. のうめんうち【能面打ち】
    • 能面を製作する人。めんうち。