出典:デジタル大辞泉(小学館)

ノートルダムは「われらの貴婦人」の意》

Cathédrale Notre-Dame de Paris》フランス、パリ中心部、セーヌ川のシテ島にある、聖母マリアに捧げられた大聖堂。1163年に司教モーリス=ド=シュリにより建造開始、1182年に内陣が完成。身廊翼廊の拡張工事が続けられ、14世紀に現在の五廊式聖堂となった。ゴシック様式を代表する建造物として知られ、1991年、「パリのセーヌ河岸」の名称で周辺の文化遺産とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。ノートルダム寺院。
Cathédrale Notre-Dame》ベルギー西部の都市、トゥルネーにある12世紀に建造されたロマネスク様式の教会。内陣のみ13世紀に初期ゴシック様式のものに建て替えられた。初代司教の聖エルテールを描いたタペストリーや、ニコラ=ドゥ=ベルダン作の聖母マリアの聖遺物箱などがある。同国を代表する建築物として、2000年、「トゥルネーのノートルダム大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Onze-Lieve-Vrouwekathedraal》ベルギー北部の港湾都市、アントウェルペンの旧市街にあるゴシック様式の大聖堂。1352年に建設が始まり、1520年に完成。世界遺産(文化遺産)の「ベルギーとフランスの鐘楼群」の一つとして登録されている。児童小説「フランダースの犬」に登場するルーベンスの祭壇画があることで知られる。
Cathédrale Notre-Dame》ルクセンブルク大公国の首都、ルクセンブルクの旧市街中心部にある教会。イエズス会修道士のジャン=ドゥ=ブロークの設計により17世紀に建造。同国のジャン前大公とベルギー皇女ジョセフィーヌ=シャルロットとの婚礼が行われた。なお、城塞都市としての旧市街全体は、1994年に「ルクセンブルク市街、その古い町並みと要塞都市の遺構」の名称で、世界遺産(文化遺産)に登録された。
Cathédrale Notre-Dame》スイス西部、ボー州の州都、ローザンヌの旧市街にある大聖堂。12世紀から13世紀にかけて建造。初期ゴシック様式の傑作として知られる。
Cathédrale de Papeete Notre-Dame》南太平洋、フランス領ポリネシア、タヒチ島パペーテにあるローマカトリックの大聖堂。市街中心部に位置する。19世紀後半に約30年かけて建造。1906年の津波や第一次大戦中のドイツ軍による攻撃などの被害を受け、たびたび修復されている。赤い屋根と黄色い壁という特徴的な外観をもち、内部にはパンノキの実をもつ聖母子の木像がある。