のき【軒/宇/×簷/×檐】 の意味

  1. 屋根の下端で、建物の壁面より外に突出している部分。
  1. 庇 (ひさし) 。
  • 名詞

のき【軒/宇/×簷/×檐】の慣用句

  1. 軒の玉水
    • 軒先から落ちる雨垂れ。
      「たえだえに―おとづれてなぐさめがたき春のふる里」〈式子内親王集
  1. 軒を争う
  1. 軒を貸して母屋を取られる
  1. 軒を軋る
  1. 軒を連ねる
  1. 軒を並べる
    • 軒を接して多くの家がぎっしりと立ち並んでいる。軒を連ねる。「参道には土産物屋が―・べている」