出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形]《「う(憂)し」から転じた語とも。ほとんどが連体形の用法。多く、目下の者に対して用いる》感心である。けなげである。
  • 「我が眼は違 (たが) わず―・い奴 (やつ) 出来 (でか) したり」〈露伴・寝耳鉄砲〉