出典:デジタル大辞泉(小学館)

キク科の越年草。道端や荒地に生え、高さ約1メートル。茎は中空。葉はアザミのように裂けているが、とげはなく、基部は茎を抱く。茎や葉を切ると乳液が出る。春から夏、黄色い頭状花を開く。若葉は食用。けしあざみ。けしなぐさ。はるののげし。

[生物/植物名]カテゴリの言葉