出典:デジタル大辞泉(小学館)

《鋸が、押すと引くとの両方で切るところから》どっちに転んでも利益を得るように商売すること。駆け引きをたくみにして利益を得ること。また、その商人。

「さす手引く手に油断なく、―にして」〈浮・永代蔵・四〉