出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鋸で木などをひき切ること。

  1. 罪人の首を鋸で切る極刑。戦国時代には実際に首を引き切ったが、江戸時代には形式化し、2日間晒 (さら) しのうえ磔 (はりつけ) とした。主殺しなどの大罪人に科した。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉