出典:デジタル大辞泉(小学館)

雅楽の管弦の特殊な演奏様式の一。楽曲を反復演奏するうち、順次に諸楽器の演奏をやめ、最後に箏 (そう) だけを残してその技巧を披露するもの。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉