出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. あとにとどまる。「会社に―・って仕事をかたづける」

  1. 取り去ったり使ったりしたあとに、なくならないである。「弁当が数人分―・る」「まだ時間は―・っている」

  1. 消えないであり続ける。「傷が―・る」「最後の言葉が耳に―・る」

  1. 死に後れる。生き残る。「夫に先立たれ、妻子があとに―・る」

  1. 後世に伝わる。死後消えないである。「歴史に―・る快挙」

  1. 相撲で、相手の攻めを踏みこらえる。「土俵際で―・る」

    1. 余 (あま) る[用法]

[可能]のこれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース