出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動ナリ]のんびりしているさま。また、間が抜けているさま。
  • 「おほやうにせんと心がくれば、見所少なくて、―になる相あり」〈花鏡