出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 練貫 (ねりぬき) の平織り地。また、これで仕立てた腰替わり小袖。腰のあたりに多くは筋や格子を織り出したもので、江戸時代、武士が礼装の大紋や麻裃 (あさがみしも) の下に着用した。現在は宮参り七五三の男児の祝い着に用いられている。

  1. 能および狂言の装束の一。水衣 (みずごろも) 素袍 (すおう) の下に着付けとして用い、身分の高くない男役が着る。藍・白・茶などの横段のある段熨斗目、紺無地の無地熨斗目、全体が格子縞の縞熨斗目の3種がある。

出典:青空文庫