出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. 取ってなくする。取りのける。除去する。「障害を―・く」「不良品を―・く」「花壇の雑草を―・く」

  1. その範囲に加えないようにする。除外する。「未経験者は―・く」「母を―・いてみんな賛成した」

  1. 邪魔者などを殺す。「奸臣 (かんしん) を―・く」

[可能]のぞける
[用法]のぞく・[用法]のける――「障害物を除く(のける)」のように、じゃまな物を取りのける意では相通じて用いられる。◇「除く」はその場からなくすという意に重点がある。「不安を除く」「障害を除く」など、抽象的な事柄については「のける」は使わない。◇「のける」はその場所から他の位置に移すこと。「ちょっと、そこにある椅子 (いす) をのけてください」を「除いて」とは言わない。◇類似の語に「どける」がある。「どける」は「のける」とほぼ同じだが、「のける」のほうが古くからの言い方で、話し言葉としては「どける」が一般化している。ただし「ずばりと言ってのける」「見事にやってのける」のような補助動詞としては「どける」は使わない。

出典:青空文庫

出典:gooニュース