出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《準体助詞「の」+断定の助動詞「です」》「のだ」の意の丁寧な表現。
  1. 理由や根拠を強調した断定の意を表す。「注意をしないからけがをする―◦です」

  1. (「のですか」の形で)相手に対する要求・詰問の意を表す。「事故の損害賠償はどうしてくれる―◦ですか」

  1. (多く「のでした」の形で)事柄のようすやあり方を強調して説明する意を表す。「彼は彼なりに努力をしている―◦でした」

[補説]話し言葉では「んです」の形をとることが多い。