出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. 静かでのんびりとして落ち着いているさま。「長閑な正月気分」「長閑な口調」

  1. 空が晴れて、天候が穏やかなさま。うららかなさま。「長閑な小春日和」 春》「几巾 (いか) 白し―過ぎての夕ぐもり/太祇

  1. ゆったりとくつろぐさま。急がないで気長に構えるさま。

    1. 「その日―に暮らして、またの日帰る」〈かげろふ・中〉

  1. 気にかけないさま。のんき。

    1. 「人数なる世もやと待つ方は、いと―に思ひなされて」〈・帚木〉

[派生]のどかさ[名]

出典:青空文庫