出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]のどか」に同じ。「長閑やかな春の日」
  • 「雨よいほどに―に降りて」〈かげろふ・下〉
「春の暮れつ方、―に艶なる空に」〈徒然・四三〉
[派生]のどやかさ[名]