出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 野中にわき出る清水。特に、播磨 (はりま) 国印南野 (いなみの) にあったという清水。冷たくてよい水であったが、のちにぬるくなってしまったという。[歌枕]

    1. 「いにしへの―ぬるけれどもとの心をしる人ぞくむ」〈古今・雑上〉

  1. 1の古今集の歌から》昔親しい仲であったが今は疎遠になってしまった人、またはその仲をたとえていう語。

    1. 「いにしへの―見るからにさしぐむものは涙なりけり」〈後撰・恋四〉