出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ上一][文]の・ぶ[バ上二]
  1. ものの長さ・高さ・広がりが増す。

    1. ㋐(伸びる)生長して、長くなったり、高くなったりする。「背が―・びる」「すらりと―・びた脚」「枝が―・びる」

    2. ㋑(延びる)もとからある物につなげられて長くなる。「バス路線が郊外まで―・びる」

    3. ㋒(伸びる)ある段階・範囲にまでおよぶ。達する。「司直の手が―・びる」「つい菓子に手が―・びてしまう」

    4. ㋓(伸びる)まがったり、ちぢんだりしていたものがまっすぐになったり、ひろがったりする。「腰が―・びる」「しわが―・びる」

    5. ㋔(伸びる)全体にうすく、均質にひろがる。「よく―・びる塗料」

    6. ㋕(伸びる)時間がたって、長い状態になったり、しまりなくやわらかくなったりして弾力がなくなる。「そばが―・びる」

    7. ㋖(伸びる)さんざんなぐられて動けなくなってしまう。ひどく疲れてぐったりする。グロッキーになる。「過労で―・びる」

  1. (伸びる)勢いや力が増す。

    1. ㋐大きく盛んになる。発展する。「輸出が―・びる」「会社は順調に―・びている」

    2. ㋑能力などがつき、向上する。「記録が―・びる」「学力が―・びる」

  1. (延びる)

    1. ㋐時間的に、長くひろがる。「日脚 (ひあし) が―・びる」

    2. ㋑命などが長く保つ。長生きする。「平均寿命が―・びる」

    3. ㋒期日・時刻が、決められたその時よりおくれる。「事故で出発が―・びる」

  1. 危機をのがれて、かろうじて命を長らえる。

    1. 「今まで御命の―・びさせ給ひて候ふこそ不思議に覚え候へ」〈平家・三〉

  1. 緊張がとける。のんびりとする。くつろぐ。

    1. 「空もうららかにて人の心も―・び」〈・絵合〉

  1. 女に夢中になって本心を失う。

    1. 「ひったり抱き寄せしみじみ囁く…(与兵衛ハ)忝いと―・びた顔付き」〈浄・油地獄

出典:青空文庫

出典:gooニュース