出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 山野に寝起きして修行する僧。山伏。

  1. (「野武士」とも書く)中世、山野に隠れて、追いはぎや強盗などを働いた武装農民集団。のぶせり。

  1. 合戦に先だち小人数で攻撃をしかけること。

    1. 「―ヲカクル」〈日葡

  1. 定まった住居もなく野宿すること。また、その者。のぶせり。

    1. 「足腰の立たざる―の非人を語らひ」〈浮・二十不孝・四〉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉