のほほん の意味

  1. [副]何もしないで、または気を使わないでのんきにしているさま。「お坊ちゃん育ちののほほんとした男」「毎日のほほんと暮らしている」
  • のほほんの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・男というものの、のほほん顔が、腹の底から癪にさわった。

      太宰治「女の決闘」

    • ・・・けれども、また大隅君にとっては、この五年振りで逢った東京の友人が、相変らず迂愚な、のほほん顔をしているのを見て、いたたままらぬ技癢でも感ずるのであろうか、さかんに私たちの生活態度をののしるのだ。

      太宰治「佳日」

    • ・・・文章粗雑、きめ荒し、生活無し、不潔なり、不遜なり、教養なし、思想不鮮明なり、俗の野心つよし、にせものなり、誇張多し、精神軽佻浮薄なり、自己陶酔に過ぎず、衒気、おっちょこちょい、気障なり、ほら吹きなり、のほほんなりと少し作品を濶達に書きかける・・・

      太宰治「風の便り」