出典:デジタル大辞泉(小学館)

スロベニア南部の町。クロアチアとの国境に近く、クルカ川沿いに位置する。自動車産業、製薬業が盛ん。14世紀、ハプスブルク家のオーストリア大公ルドルフ4世により開かれ、ルドルフスベルトの名で呼ばれた。オスマン帝国の侵入に対する防御拠点になり、ドレンスカ地方の中心地として栄えた。クルカ川の屈曲部に囲まれた旧市街には、聖ニコラ聖堂、フランチェスコ派修道院などの歴史的建造物が残る。周辺にはいくつかの温泉地があり、ワインの産地としても知られる。