出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 下から上へ、低い所から高い所へ移る。⇔下る

    1. ㋐他より一段と高い所へ移り進む。「山に―・る」「演壇に―・る」

    2. ㋑そこを通って高い所に行く。「坂道を―・る」

    3. ㋒川の上流へ向かって進む。さかのぼる。「川を―・る」

  1. 地方から中央へ行く。都へ向かう。「京へ―・る」「江戸へ―・る」⇔下る

  1. 高い地位につく。昇進する。「大臣の位に―・る」

  1. 貴人の御座所近くへ参上する。

    1. 「御前に人々所もなく居たるに、今―・りたるは少し遠き柱もとなどに居たるを」〈・二七六〉

  1. 太陽・月などが空高く現れる。また、上方へすすんで高い所に達する。「日が―・る」「気球が―・る」

  1. (「頭に血がのぼる」などの形で)のぼせる。夢中になる。「頭に血が―・って見境がなくなる」

  1. 数量が、無視できない相当の程度に達する。「死傷者が数百人に―・る」

  1. あるところで、取りたてて問題とされる。「世上の口に―・る」「話題に―・る」

    1. 上 (あ) がる[用法]

[補説]1㋐は「登る」、35は「昇る」、その他は「上る」と書くことが多い。
[可能]のぼれる

出典:gooニュース

出典:青空文庫