のま‐ぶんげいしょう〔‐ブンゲイシヤウ〕【野間文芸賞】 の意味

  1. 講談社の初代社長、野間清治 (せいじ) を記念して昭和16年(1941)に創設された文学賞。毎年1回、優れた小説・評論作品に贈られる。当初は作家個人に贈られており、第1回受賞者は真山青果