出典:デジタル大辞泉(小学館)

木材・石材・金属などに穴をあけたり、溝を刻んだりするのに用いる工具。柄の先に刃がつき、柄頭を槌 (つち) でたたくか、手で突くかして削る。刃先の形により、平のみ・丸のみ・壺のみなどがある。