出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副助]種々の語に付く。
  1. ある一つの事柄・状態に限定していう意を表す。…だけ。…ばかり。「あとは結果を待つのみである」「日本のみならず全世界の問題だ」

    1. 「ももづたふ磐余 (いはれ) の池に鳴く鴨 (かも) を今日―見てや雲隠りなむ」〈・四一六〉

  1. ある一つの事柄・状態を取り出して強調する意を表す。ただもう。「色合いが美しいのみで、何のとりえもない絵だ」

    1. 「み心を―惑はして去りなむことの、悲しく耐へ難く侍るなり」〈竹取

  1. (文末にあって)感動を込めて強く言い切る意を表す。「あとは開会式を待つのみ」

    1. 「争 (いかで) か反逆 (ほんぎゃく) の凶乱をしづめん―」〈平家・七〉

[補説]「の身」から出て、「それ自身」というように上の語を強く指示するのが原義という。現代語では、主に文語的表現に用いられる。→のみかのみならず