出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 稲の収穫前に、その田の収穫量を見越して先買いすること。

  1. 企業が人材確保のため、卒業予定の学生の採用を早くから内定すること。卒業前の学生を実る前の稲に、能力を収穫量にたとえた語。


[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「青田買い」と「青田刈り」について、どちらの言い方を使うか尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成16年度調査平成26年度調査
青田買い
(本来の言い方とされる)
29.1パーセント47.4パーセント
青田刈り
(本来の言い方ではない)
34.2パーセント31.9パーセント

出典:gooニュース